百人一首 歌と解釈

100.順徳院
(じゅんとくいん) <続後撰集 雑> (1197年〜1242年) 46歳亡           ホーム9901

ももしきや 古き軒場の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり

(ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なおあまりある むかしなりけり)




古い軒場は荒れはててしまった

昔から受け継がれてきたものが

今や衰えようとしている

荒れた庭にもう一度

美しい花を咲かせたい

歌仙絵100番

百人一首歌仙絵 100 順徳院
百の城(ひゃくのしろ)
Recollection



クイズ

・順徳院は第○○代天皇です

・順徳院の父は百人一首99番○○○院です

・この歌の掛詞は○○○です

・この歌は順徳院○○歳頃の歌です

-----------------------------------------------------------------
・第84代天皇  ・99番後鳥羽院の第三皇子 ・文武兼備

・13歳で即位 24歳で譲位  ・歌を97番権中納言定家に学ぶ

・承久の乱(1221年)の渦中に身をおき 25歳のとき佐渡に配流される

・歌論書 八雲御抄(やくもみしょう) ・御集 順徳院御集(じゅんとくいんぎょしゅう)

*ももしき(百敷・百磯城とも書き 宮中 皇居の意)

*「しのぶ」は「しのぶ草」と「昔しのぶ」の掛詞 *20歳頃の歌

百人一首の最初 1番天地天皇 2番持統天皇の親子です

99番後鳥羽院 100番順徳院も天皇で親子です

百人一首の最初と最後は天皇親子ということになります



< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本9901