百人一首 歌と解釈

02.持統天皇
(じとうてんのう)<新古今集 夏上> (645年~702年) 58歳亡            ホーム0103

春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山

(はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま)


あなたの遺志を受け継いで

願いがかないました

宮中から見える天の香具山には

白い衣が初夏の風に揺れ

天を仰いでいます

今は亡き父と夫の

白い香りを漂わせています

百人一首歌仙絵2 持統天皇 ©崇石あがめいし
白い香(しろいかおり)
Summer Breeze

クイズ

・持統天皇は第○○代天皇です

・持統天皇は百人一首1番○○天皇の娘です

持統天皇の夫は第40代○○○天皇です

持統天皇の父と夫は○○です

-----------------------------------------------------------------
・第41代天皇  ・1番天智(てんち)てんのう天皇の第二皇女
・天武(てんむ)天皇(40代)の皇后
・1番天智天皇と天武天皇は兄弟
・壬申の乱(じんしんのらん)(672年)の渦中(かちゅう)に身をおく
・藤原京に遷都(せんと)(16年間)
*白妙(ここでは白い布)  *天の香具山(奈良県 152m)


百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホームへ歌仙絵百人一首の本|百人百首から選択0103