百人一首 歌と解釈

56.和泉式部
(いずみしきぶ) <後拾遺集 恋> 生没年未詳                       ホーム5557

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に 今ひとたびの 逢ふこともがな

(あらざらん このよのほかの おもいでに いまひとたびの あうこともがな)
歌仙絵56番

私は病(やまい)に苦しんでいます

まもなくこの世を去って行くでしょう

あの世に行っても

あなたのことを恋しつづけたいのです

だから最後の思い出に

ひと目逢いたいのです

百人一首歌仙絵 56 和泉式部
来世の恋(らいせのこい)
Love towards the Other World



クイズ

D和泉式部は60番○○○内侍の母です

D和泉式部は○○親王に愛されますが親王は2年後亡くなりました

D和泉式部日記は○○親王との恋を綴ったものです

D和泉式部は一条天皇(66代)の后(きさき)中宮○○に仕えました


-----------------------------------------------------------------
D60番小式部内侍(こしきぶのないし)の母D大江雅致(おおえのまさむね)の娘

D和泉守橘道貞(いずみのかみたちばなのみちさだ)と結婚 後離別

D冷泉(れいぜい)天皇(63代)の王子為尊親王(ためたかしんのう)に愛されるが

親王は2年後病死

その後弟敦道親王(あつみちしんのう)に愛されるが4年後先立たれる

D一条(いちじょう)天皇(66代)の后(きさき)中宮彰子(ちゅうぐうしょうし)に仕(つか)える

D藤原保昌(ふじわらのやすまさ)と再婚し夫の任地丹後へ行く

D天才女流歌人 D著書 和泉式部日記は敦道親王との恋を綴ったもの

D家集 和泉式部集 *病床で詠んだ歌

和泉式部はとても魅力的な恋多き女性だったのでしょうね

最期の病床で詠んだこの歌も恋の歌です

この歌は最初の結婚相手和泉守橘道貞を思って歌ったといわれています


百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択5557