百人一首 歌と解釈

7.安倍仲麿
(あべのなかまろ)<古今集 旅>(701年?~770年) 70歳頃亡                 ホーム0608

天の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも

(あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも)

歌仙絵 7番
大空を見上げれば・・・・満月

故郷日本で見た思い出の月

この月光は少年の日の 輝きと同じだ

今夜の月を誰が見ているだろうか

父・・・・母・・・・幼な友達・・・・

初恋の人・・・・
百人一首歌仙絵7 安倍仲麿 ©崇石あがめいし
望郷の月(ぼうきょうのつき)
Nostalgia



クイズ

・安倍仲麿は16歳のとき中国の○に留学した

・安倍仲麿は唐の第六代○○皇帝に仕えた

・安倍仲麿は何度も帰ろうとしたが○○に帰ることはできなかった


-----------------------------------------------------------------
・16歳で唐に留学 ・唐の第六代玄宗皇帝(げんそうこうてい)に仕える

・李白(りはく)王維(おうい)らと親交があった  ・博学 多才

・暴風にあい日本へ帰ることはできなかった

*唐の友人たちが送別の宴を催してくれたときに詠んだ歌  *51歳頃の歌


百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホームへ歌仙絵百人一首の本百人百首から選択0608