百人一首 歌と解釈

23.大江千里
(おおえのちさと)<古今集 秋上> 生没年未詳                ホーム2224

月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

(つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど)

歌仙絵23番
涙で月が滲んで見えます

過ぎ去った夏の人を惜しみ

風が心を吹きぬけていきます

月もひとり風もひとり

私もひとり

百人一首歌仙絵 23 大江千里
月夜見(つきよみ)
The Moon Shines Vaguely through my Tears



D平城天皇(51代)の曽孫  D大江(おおえの)音人(おとんど)の子  D漢学者 歌人 
D家集 句題(くだい)和歌(わか)(大江千里集)
D16番ちゅうなごん中納言ゆきひら行平 17番在原(ありわらの)なりひら業平朝臣(あそん)の甥(おい)
*ちぢに(ち千ぢ々に あれやこれやと さまざまに)








百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択2224