百人一首 歌と解釈

23.大江千里
(おおえのちさと)<古今集 秋上> 生没年未詳                ホーム2224

月見れば ちぢにものこそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

(つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど)

歌仙絵23番
涙で月が滲んで見えます

過ぎ去った夏の人を惜しみ

風が心を吹きぬけていきます

月もひとり風もひとり

私もひとり

百人一首歌仙絵23 大江千里 ©崇石あがめいし
月夜見(つきよみ)
The Moon Shines Vaguely through my Tears



平城天皇(51代)の曽孫  大江(おおえの)音人(おとんど)の子  漢学者 歌人 
家集 句題(くだい)和歌(わか)(大江千里集)
16番ちゅうなごん中納言ゆきひら行平 17番在原(ありわらの)なりひら業平朝臣(あそん)の甥(おい)
*ちぢに(ち千ぢ々に あれやこれやと さまざまに)








百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択2224