百人一首 歌と解釈

49.大中臣能宣朝臣
(おおなかとみのよしのぶあそん)                         ホーム4850
<詞花集 恋> (921年〜991年) 71歳亡

みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は消えつつ ものをこそ思へ

(みかきもり えじのたくひの よるはもえ ひるはきえつつ ものをこそおもえ)


あたりが暗くなると

篝火は恋の炎となって燃えはじめ

夜空を焦がす

やがて朝がくると灰になる

あなたに逢えないつらさで

昼も夜も恋しさはつのるばかりです

歌仙絵49番

百人一首歌仙絵 49 大中臣能宣朝臣
恋篝り(こいかがり)
Bonfires



百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択4850