百人一首 歌と解釈

4.山部赤人
(やまべのあかひと)<新古今集 冬>生没年未詳             ホームへ0305

田子の浦に うち出でて見れば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ

(たごのうらに うちいでてみれば しろたえの ふじのたかねに ゆきはふりつつ)

歌仙絵 4番
初日の富士

田子の浦にひとり来てみました

銀白の雪衣を幾重にも纏い

裾を翻して

大空に気高くそびえています

雪が降り止むまで

ここで歌っていたいのです
百人一首歌仙絵 4 山部赤人
雪衣富士(ゆきごろもふじ)
Snow-capped Mt.Fuji


クイズ

・山部赤人は○○時代の歌人です

・山部赤人は○○と呼ばれました

・山部赤人は百人一首3番○○○○と並び称されています

・田子の浦は○○県にあります

-----------------------------------------------------------------
・奈良時代の歌人 ・歌聖(かせい)  ・3番柿本(かきのもとの)ひと人まろ麿と並び称される
・三十六歌仙(かせん)   ・自然 絵画的な歌 
*田子の浦(静岡県の海岸で富士山をなが眺めるのによい場所)

百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホームへ歌仙絵百人一首の本百人百首から選択0305