百人一首 歌と解釈

17.在原業平朝臣
(ありわらのなりひらあそん)<古今集 秋下>(825年~880年) 56歳亡    ホーム1618

ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれないに 水くくるとは

(ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ からくれないに みずくくるとは)

歌仙絵17番
世にも不思議な龍田川

紅染めの水衣

絞り染めの錦帯

透かし染めの五つ衣

神代の世界でも聞いたことがない

それは美しい紅色の川です
百人一首歌仙絵17 在原業平朝臣©崇石あがめいし
紅の水(くれないのみず)
Maple Colored River



           --------------------------------------------------

           ・平城天皇へいぜいてんのう(51代) の孫  ・六歌仙  ・三十六歌仙

           ・美男歌人  ・悲劇の貴公子  

           ・16番 在原行平(ちゅうなごんゆきひら = ありわらのゆきひら) の異母弟

           ・家集 業平集  ・伊勢物が対の主人公といわれている

           *屏風歌    ・ちはやぶる (神の枕詞)

           *龍田川=竜田川(奈良県にあり紅葉の名所)



百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択1618