百人一首 歌と解釈

33.紀友則
(きのとものり) <古今集 春下> (?年〜907年?)                 ホーム3234

久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

(ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しずこころなく はなのちるらん)


のどかな春の日

ちぎれ雲が空に浮かぶ

天の光は淡い影をつくりながら

静かにふりそそぐ


桜よ咲いたばかりだというのに

どうしておまえだけが散り急ぐのか

歌仙絵33番

百人一首歌仙絵 33 紀友則
光舞う(ひかりまう)
Dancing Natures

クイズ

D紀友則は○○時代前期の歌人です

D紀友則は○○○歌仙のひとりです

D紀友則は百人一首35番○○○と従兄弟です

Dこの歌の枕詞は○○○です


-----------------------------------------------------------------
D平安前期の歌人 D三十六歌仙のひとり  D家集 友則集

D古今和歌集撰者のひとりであったが完成を待たずに没す

D35番紀貫之(きのつらゆき)は従兄弟(いとこ)

*久方の「天」「空」「月」「日」「雲」「雨」「光」など天に関係のある枕詞(まくらことば)

*しづ心(静かな心)


百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択3234