百人一首 歌と解釈

22.文屋康秀
(ぶんやのやすひで)<古今集 秋下> 生没年未詳              ホーム2123

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ

(ふくからに あきのくさきの しおるれば むべやまかぜを あらしというらん)

歌仙絵22番


秋の草木を・・・・山風が荒らす

荒々しい山の風だから

荒しといってと書くのですね

嵐の吹く山のことを嵐山

木ノ火と書いて色づく秋

木が古くなって枯れる

「漢字」で「感じ」を表しているのですね
百人一首歌仙絵22 文屋康秀 ©崇石あがめいし
山風(あらし)
Wind Blowing over the Hill




             ・37番文屋朝康の父といわれている  ・六歌仙  

             ・文字の形を歌に読む(当時 遊びのひとつとして流行した)

             ・三河の国(愛知県)に赴任するとき9番小野小町を誘ったことが知られる

             ・むべ(なるほどの意)




百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択2123