百人一首 歌と解釈

62.清少納言
(せいしょうなごん) <後拾遺集 雑> 生没年未詳            ホーム|6163

夜をこめて 鳥の空音は はかるとも 世に逢坂の 関はゆるさじ

(よをこめて とりのそらねは はかるとも よにおうさかの せきはゆるさじ)

歌仙絵62番

浮ついた気持ちで誘おうとしても

私は心を開けませんよ

函谷関の関守は

鶏の鳴きまねに騙されて

門を開けました・・・・けど・・・・ね・・・・

百人一首歌仙絵 62 清少納言
恋上手(こいじょうず)
Roundabout



クイズ

D清少納言は36番清原○○○の曾孫です

D清少納言は42番清原○○の女(むすめ)です

D清少納言は一条天皇(66代)の后中宮○○に仕えました

D清少納言は有名な○草子を書きました

-----------------------------------------------------------------
D36番清原深養父(きよはらのふかやぶ)の曾孫

D42番清原元輔(きよはらのもとすけ)の女(むすめ)

D橘則光(たちばなののりみつ)と結婚 則長(のりなが)を生む

D一条(いちじょう)天皇(66代)の后(きさき)中宮定子(ちゅうぐうていし)に仕(つか)える

D著書 枕草子(まくらのそうし) D家集 清少納言集

*藤原行成(ふじわらのゆきなり)が

「昨夜は鶏の鳴き声に催促されて帰りましたが もう一度逢いたい」と言ってきたので

清少納言は「鶏の鳴きまねに騙されたという函谷関(かんこくかん)ですね」と答えると

藤原行成は「恋人に逢いたいという逢坂関(おうさかのせき)ですよ」と

戯れてきたので 清少納言はこの歌を詠んだ



百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択6163