百人一首 歌と解釈

35.紀貫之
(きのつらゆき) <古今集 春上> (868年?~945年) 78歳頃亡             ホーム3436

人はいさ 心も知らず ふるさとは 花ぞ昔の 香に匂ひける

(ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににおいける)




ふるさとの梅の花は

今年も変らず

ういういしい香りで

懐かしく私を迎えてくれます

花の心は変わらないのに

人の心は変わりやすい
歌仙絵35番

百人一首歌仙絵35 紀貫之 ©崇石あがめいし
昔の香(むかしのかおり)
Hometown Fragrance



クイズ

紀貫之は○○日記を書きました

紀貫之は○○○歌仙のひとりです

紀貫之は百人一首33番○○○と従兄弟です

紀貫之は○○和歌集の撰者です


-----------------------------------------------------------------
紀望行(きのもちゆき)の子 三十六歌仙のひとり 家集 貫之集

古今和歌集 撰者のひとり 著書 土佐日記 新撰和歌集

宇多天皇(59代) 醍醐天皇(60代)頃の歌人 能書家 歌論家

33番紀友則(きのとものり)は従兄弟(いとこ)

*奈良の長谷寺に初瀬詣(はつせもう)でをしたときに詠んだ歌


百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択3436