百人一首 歌と解釈

83.皇太后宮大夫俊成 = 藤原俊成
            ホーム||8284
(こうたいごうぐのだいぶしゅんぜい = ふじわらのしゅんぜい)
<千載集 雑> (1114年〜1204年) 91歳亡

世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる

(よのなかよ みちこそなけれ おもいいる やまのおくにも しかぞなくなる)


つらいこの世をのがれようと

静かな山奥にきてみたが

雄鹿が哀れな声で

雌鹿を探して鳴いている

世を捨てようと思っても

家族のことや世間のことが

やはり気にかかる

歌仙絵83番

百人一首歌仙絵 83 皇太后宮大夫俊成
鹿鳴の歌(ろくめいのうた)
A Deer Deep in the Mountains
クイズ

D皇太后宮大夫俊成は97番権中納言○○の父です

D皇太后宮大夫俊成は○○和歌集の撰者です

Dこの歌は○○歳頃の歌です


-----------------------------------------------------------------
D権中納言藤原俊忠(ごんちゅうなごんふじわらのとしただ)の子

D97番 権中納言定家(ごんちゅうなごんていか)の父

D後鳥羽天皇(82代)に仕える D千載和歌集(せんざいわかしゅう)の撰者

D御子左家(みこひだりけ)の歌道を創立し多くの判者を輩出し歌壇の実権を握った

D79番 左京大夫顕輔(さきょうのだいぶあきすけ) 84番 藤原清輔朝臣(ふじわらの

きよすけあそん)親子の六条家に対し御子左家(みこひだりけ)という

D家集 長秋詠藻(ちょうしゅうえいそう) D歌論書 古来風体抄(こらいふうていしょう)

* 27歳頃の歌  * 藤原俊成 (ふじわらのとしなり) ともいう



百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本|百人百首から選択8284