百人一首 歌と解釈

15.光孝天皇
(こうこうてんのう)<古今集 春上>(830年~887年) 58歳亡           ホーム1416

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ

(きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ)

歌仙絵15番
きょうは七草

あなたの為に若菜を摘みに来ました

早春の野雪が

私の袖の上で

楽しそうに遊んでいます

今年もお健やかでありますように
百人一首歌仙絵15 光孝天皇 ©崇石あがめいし
若菜摘む(わかなつむ)
Spring Herbs


         ---------------------------------------------------------
         ・第58代天皇  ・仁明天皇(54代)の第三皇子

         ・55歳で即位  ・穏厚 謙虚 聡明  ・28番源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)の祖父

         ・御集仁和御集(にんなぎょしゅう) 

         *若菜( なずな・すずしろ・せり・よめな などで若菜を食べると邪気を払い万病を除くといわれている)

         *親王だった頃 この歌に七草を添えて人に贈った。





百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択1416