百人一首 歌と解釈

13.陽成院
(ようぜいいん)<後集 恋>(868年~949年) 82歳亡           ホーム1214

筑波嶺の 峰より落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

(つくばねの みねよりおつる みなのがわ こいぞつもりて ふちとなりぬる)

歌仙絵13番
恋におちて・・・・しまいました

はじめはわずかな流れが

だんだんと大きな川となり

男女の川になるように

思い初めた胸のときめきが

今ではつもりつもって

底なしの淵をさまよっています
百人一首歌仙13 陽成院 ©崇石あがめいし
男女の川(みなのがわ)
River of Love


クイズ

・陽成院は20番○○親王の父です

・陽成院は第○○代天皇です

・この歌は後の陽成院妃○○内親王に捧げた歌です


-----------------------------------------------------------------
・第57代天皇 ・清和(せいわ)天皇(56代)の第一皇子 ・奔放 多感

・20番元良親王(もとよししんのう)の父  ・10歳で即位17歳で退位

*15番光孝天皇(58代)の第三皇女綏子(すいし)内親王(後の陽成院妃)に捧げた歌

*筑波山(つくばさん)茨城県にあり峰が男体と女体に分かれている 876m

*男女の川(みなのがわ)筑波山から流れ出る川


百人一首の歌の一部を入力する

< 百 人 一 首 の 番 号 を クリックする >
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50
51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75
76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100

ホーム歌仙絵百人一首の本百人百首から選択1214