秋の歌は 16首です

四季の歌は32首あります

ホーム

さびしさに
宿を立ち出でて

八重むぐら
しげれる宿の

嵐吹く
三室の山の

夕されば
門田の稲葉

春の歌 6首  

夏の歌 4首  

秋の歌 16首 

冬の歌 6首


旅の歌 4首

別れの歌 1首

片思いの歌 14首

忍ぶ恋の歌 9首

心変りの歌 10首

情熱恋の歌 10首

秋風に
たなびく雲の 

村雨の
露もまだひぬ

きりぎりす
鳴くや霜夜の

み吉野の
山の秋風 

87.寂蓮法師

79.左京大夫顕輔

47.恵慶法師

69.能因法師

70.良暹法師

71.大納言経信
白露に
風の吹きしく

山川に
風のかけたる

心あてに
折らばや折らん

月見れば
ちぢにものこそ

23.大江千里

32.春道列樹

29.凡河内躬恒

37.文屋朝康

ホーム

2950

91.後京極摂政前太政大臣

94.参議雅経

22 文屋康秀

17.在原業平朝臣

5 .猿丸大夫

吹くからに
秋の草木の

ちはやぶる
神代も聞かず

奥山に
紅葉ふみわけ

1 .天智天皇

秋の田の
かりほの庵の